【筋トレ前後のコンビニ食事】おすすめの食品と飲料をずばり解説|適切な弁当も紹介 – 武器屋.net BLOG

7_Eleven_Singapore.jpg

仕事帰りのジム通いの前の栄養補給に、コンビニで気軽に購入できて筋トレ効果も高める食品と飲料について解説します。あわせて、筋トレ直後の栄養補給に効果的なコンビニ食もご紹介します。また、筋トレをした日に適切なコンビニ弁当についても、一人暮らしの男性むけにご紹介します。

 

さらに、ローソン・セブンイレブン・ファミリーマートの別におすすめのコンビ二食品を使った料理レシピ例も例示していきます。

 

スポンサーリンク


■筋トレ前に必要な栄養

●エネルギー源とカフェインとBCAA

筋トレの前に必要な栄養とは何でしょうか?

 

ずばり、エネルギー源となる炭水化物です。また、あわせて自律神経の交感神経を高めて筋トレを効果を高めてくれるカフェイン飲料などを摂るのがベストです。

 

なお、炭水化物を摂取してから30分間は、消化のために胃腸に血液が集中するので、筋トレ開始の30分以上前には栄養補給を終えるようにすると効果的です。

 

また、BCAA(分鎖岐アミノ酸)の配合された飲料やゼリー食品を摂取すると、トレーニングによる筋肉の異化(筋肉の分解)が防げるので、より効率的に身体を作っていくことができます。

 

それでは、具体的におすすめの食品と飲料をご紹介していきます。

 

■筋トレ前におすすめのコンビニ食

●おにぎり

Onigiri_Bought_at_a_Convenience_Store.jpg

筋トレ前のコンビニ食として一番のおすすめはおにぎりです。米は小麦加工食品に比べて消化吸収が穏やかなため、筋トレの最中にエネルギー切れをおこしにくいのです。なかでも、赤飯やおこわのおにぎりなど、もち米は消化吸収がうるち米よりもゆっくりなので最適です。

 

●菓子パン

5568604326_f57c329180_b.jpg

菓子パンは単糖類が多く、エネルギー源として速効性があるのが魅力です。その分、ハードな筋トレだと途中でエネルギー切れを起こしやすいので、糖類の入ったドリンクを併用するとよいでしょう。

 

●ゼリー状栄養食品

森永製菓 ウイダーinゼリー エネルギー 180g

栄養補給にあまり時間がない日などには、ゼリー状栄養食品がおすすめです。通販などでまとめ買いしておき、バッグに入れておけば、コンビニに立ち寄る手間さえ省けます。

 

■筋トレ前におすすめの飲料

●ブラックコーヒー

UCC ブラック無糖 コーヒー 缶コーヒー185ml×30本

筋トレ前の飲料として最適なのがブラックコーヒーです。単糖類が多く入った甘いコーヒーは、カフェインの交感神経刺激作用と単糖の副交感神経刺激作用とが相殺してしまいますので、必ずブラックコーヒーを飲むようにしてください。

 

●エナジー飲料

レッドブル エナジードリンク シュガーフリー 185ml×24本(1箱セット) AA-34479

最近、一気に広まりつつあるエナジー飲料も筋トレ前におすすめの飲料です。ただし、カフェイン量が多いので飲み過ぎには注意してください。こちらもリーズナブルなセットを入手しておくと便利です。

 

●スポーツ飲料

メーカー直送 (24本SET×2ケース) アクエリアス 500ml PET ペットボトル スポーツドリンク

夏場の筋トレなどでは、発汗により過剰に体内ミネラルが失われます。筋トレをはじめとした無酸素運動のエネルギー源は、ATP(アデノシン三リン酸)→ADP(アデノシン二リン酸)の分解エネルギーですが、この筋肉内で起こる生化学反応にはNa(ナトリウム)やK(カリウム)などのミネラル分が深く関わっています。

 

ハードな筋トレ前にはスポーツ飲料で、あらかじめミネラル分を補充しておくとよいでしょう。

 

●BCAA飲料

Proteinprimarystructure.png

また、ワンランク上のトレーニング体内環境を整えてから筋トレをしたいという方は、BCAA配合のゼリー飲料やドリンクを摂取することをおすすめします。最近では、スポーツ用に開発されたものがコンビニでも入手できて便利です。

 

■帰宅前にタンパク質を

●タンパク質吸収ゴールデンタイム

筋トレ終了後の30分以内は、ダメージを受けた筋肉がタンパク質を必要とするため「タンパク質吸収ゴールデンタイム」とも言われています。

 

ジムから帰宅するまでの途中で、コンビニによってタンパク質食品を購入・摂取するのが、筋トレ効果を高めるためには非常に有効です。

 

●筋トレ直後におすすめのコンビニ食

トレーニング直後のコンビニ食品としておすすめなのが「焼き鳥」です。鶏肉は高タンパク質低カロリーなので、筋トレとの相性は抜群です。また、気軽に立ち食いできるのも便利ですね。

 

なお、モモ肉焼き鳥100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

 

エネルギー:197kcal

タンパク質:15.05g (60.2kcal)

脂質:12.6g (113.4kcal)

炭水化物:3.45g (13.8kcal)

 

筋肥大に最適な栄養バランスは、タンパク質+その二倍のカロリーですが、焼き鳥はまさにこの黄金比率のコンビニ食品なのです。

 

また、ややカロリーが気になるものの、フライドチキンや唐揚げなども筋トレ直後におすすめのコンビニ食です。

 

また、減量期の筋トレ後におすすめなのが「ちくわ」です。たとえ減量期と言えど、筋量の保護のためには筋トレ直後にタンパク質と最低限のカロリー摂取が必要ですが、脂質が少なく高タンパク質なちくわは、まさに最適な食品の一つです。

 

なお、一般的なコンビニ竹輪4本120gあたりのカロリーと栄養素は以下の通りです。

 

・エネルギー:145kcal

・タンパク質:14.64g

・脂質:2.4g

・炭水化物:16.2g

 

サラダチキンもとても優秀なコンビ二食品で、特にダイエット系トレーニングの後のタンパク質補給に人気です。

 

なお、一般的なコンビ二サラダチキンのカロリー・栄養素は以下の通りです。

 

・カロリー:133kcal

・タンパク質:26.1g

・脂質:2.6g

・炭水化物:1.2g

 

【筋トレ前後のサラダチキンのタイミング】ローソン・ファミマのコンビニカップ麺・からあげとの食べ方例

 

・カツオスティック「超鰹力」のご紹介

サラダチキンを超える筋トレ&ダイエット食品として、人気急上昇中なのがカツオスティック「超鰹力」です。サラダチキンに匹敵する高タンパク質低カロリー食品なだけでなく、DHA・EPAに代表される不飽和脂肪酸を含み、さらには代謝に大きく関わるビタミンB群をも含むため、筋トレやダイエットに励む方、そしてアスリートにとって理想に近い高タンパク食品です。

 

そのまま、トレーニング直後にプロテインスティックとして食べるもよし、アレンジ料理にしていただくもよし、の優れものです。

 

その栄養素比較やアレンジ料理例は下記の記事で詳しくご紹介していますので、ぜひ、ご参照ください。

 

▼カツオスティック「超鰹力」を詳しく見る

【まだサラダチキン食べてるの?】筋トレ&ダイエットにはカツオスティックがおすすめ

 

●筋トレ直後におすすめの飲料

明治 VAAM(ヴァーム)ウォーター グレープフルーツ 500mlペットボトル×24本入×(2ケース)

また、筋トレ直に適切な飲料としては、吸収の早いBCAA配合のものがおすすめです。BCAAはタンパク質を吸収直前の分子状態に加工しているので、タンパク質を摂取するよりも圧倒的に吸収スピードに優れています。

 

■筋トレした夜におすすめのコンビニ弁当

●高タンパク質で炭水化物などのカロリーもしっかりと摂取

筋トレをした日の夕食で大切なことは、十分なタンパク質を摂ることはもちろんですが、タンパク質の倍のカロリーの炭水化物や脂質を摂らなくてはいけません。なぜならば、筋肉作りの原材料がタンパク質ならば、その合成のためのエネルギー源が炭水化物や脂質だからです。

 

●唐揚げ弁当

130567748_624-crop.jpg

これらの観点から、筋トレをした日の夕食に最適なコンビニ弁当の一つが唐揚げ弁当です。

 

●トンカツ弁当

206496249_624_2017031519363171d.jpg

唐揚げ弁当同様に、トンカツ弁当もかなりおすすめな筋トレコンビニ弁当です。

 

●焼肉弁当

46828123_624_20170315194119c6c.jpg

カロリーが気になる人には、唐揚げやトンカツよりも焼肉弁当がおすすめです。

 

●ハンバーグ弁当

dscf3870.jpg

焼肉弁当とならびおすすめなのがハンバーグ弁当です。

 

▼関連記事

【筋トレむき昼食のコンビニ弁当TOP5】タンパク質豊富で筋肥大に最適!

 

■ローソンのおすすめ筋トレ飯


バルクアップ筋トレ後に最適なローソンで買える筋肉飯の組み合わせ例をご紹介します。高タンパク質低カロリーなサラダチキンをベースに、筋肥大黄金比率になるようなプラスワンの食品を選定しました。

 

●サラダチキン+からあげくん

・タンパク質:筋肉合成カロリー=1:2

美味しくて人気のからあげくんですが、ローソン公式ページによると、一食あたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

 

カロリー:220kcal

タンパク質:14.0g (56.0kcal)

脂質:14.0g (126.0kcal)

炭水化物:8.0g (32.0kcal)

 

これに先ほどのサラダチキンのカロリー・栄養素を足すと以下のようになります。

 

カロリー:351kcal

タンパク質:41.4g (165.6kcal)

脂質:15.6g (140.4kcal)

炭水化物:9.9g (39.6kcal)

 

ほぼ完璧に筋肥大筋トレの黄金比率になることがわかりますね。

 

●サラダチキン+カップヌードル

・タンパク質:筋肉合成カロリー=1:3

続いての組み合わせはカップヌードルです。カップヌードルはジャンクフードとして、筋トレNG食品のように言われますが、バルクアップに関しては非常に優秀なカロリー源で、実際、ボディービル選手などはオフ期にタンパク質にカップヌードルを追加して筋肥大を行っている方も少なくありません。

 

カップヌードル一食分のカロリー・栄養素は以下の通りです。

 

カロリー:353kcal

タンパク質:10.7g (42.8kcal)

脂質:15.2g (136.8kcal)

炭水化物:43.4g (173.6kcal)

 

ここに、サラダチキンのカロリー・栄養素を加えると次のようになります。

 

カロリー:484kcal

タンパク質:38.1g (152.4kcal)

脂質:16.8g (151.2kcal)

炭水化物:45.3g (181.2kcal)

 

ややハイカロリー気味ですが、筋肉がつきにくい体質の方には抜群の効果がある比率です。

 

ローソンなどのコンビニ飯でも、組み合わせを工夫すれば、立派な筋肉飯になりますね。

 

なお、タンパク質とカロリーだけでなく野菜もしっかり食べることも大切ですので、お忘れなく。

 

※写真のサラダはローソンのサラダです。

 

■セブンイレブンのおすすめ筋トレ飯

セブンイレブンで購入でき、手軽に準備ができて高タンパク質な筋肥大・バルクアップ筋トレに最適な食事を、実際に準備しましたのでご紹介します。料理の苦手な一人暮らし男性にもベストなチョイス例です。

 

●具体的な食材例

・冷凍炒飯・サラダチキン・ゆで卵・野菜サラダ

こちらが、今回セブンイレブンで実際に購入してきた食材で、冷凍炒飯・サラダチキン・ゆで卵・野菜サラダになります。

 

それぞれのカロリー・栄養素を見ていきたいと思います。

 

・冷凍炒飯のカロリー・栄養素

カロリー:579kcal
タンパク質:15.0g
脂質:18.6g
糖質:87.9g

 

・サラダチキンのカロリー・栄養素

カロリー:108kcal
タンパク質:23.2g
脂質:1.5g
糖質:0.3g

 

・ゆで卵のカロリー・栄養素

カロリー:128kcal
タンパク質:11.6g
脂質:8.4g
糖質:1.2g

 

・セブンイレブン筋トレ飯のカロリー・栄養素

これら三品の合計値は、タンパク質が49.8g(199.2kcal)、脂質が28.5g(256.5kcal)、糖質が89.4g(357.6kcal)となりました。

 

タンパク質の約200kcalに対して、カロリー(脂質+糖質)は約600kcalですので、ちょうど筋肥大バルクアップに最適な栄養素比率となりました。

 

●セブンイレブンの筋肉飯の作り方

今回のセブンイレブンの筋肉飯の作り方は、非常に簡単で、冷凍炒飯をレンジで温めるだけです。

 

炒飯が温まったら、野菜サラダを乗せ、スライスまたはカットしたサラダチキンとゆで卵をトッピングするだけです。

 

なお、それも手間な場合は、丸ごとトッピングしても問題ありません。

 

■ファミリーマートのおすすめ筋トレ飯


大手コンビニエンスストアー「ファミマ」で購入できる高タンパク質食品と、筋肉合成に必須となるカロリーを含んだ食品を組み合わせ、バルクアップ・筋肥大に最適な筋肉飯を例示します。

 

●ファミマで買える筋トレ向き食材

・サラダチキン・つくね串・カップ麺・サラダ


今回、ファミマで購入したのがこちらの食材で、サラダチキン・つくね串・カットサラダ・カップ麺で、カップ麺意外はファミマのオリジナル商品です。

 

・カップ麺のカロリー・栄養素


まずは、カップ麺のカロリー・栄養素は、パッケージに表記されており以下のようになります。

 

カロリー:413kcal
タンパク質:10.0g
脂質:16.1g
糖質:57.0g

 

・サラダチキンのカロリー・栄養素


続いて、サラダチキンのカロリー・栄養素は以下の通りです。

 

カロリー:133kcal
タンパク質:26.1g
脂質:2.6g
糖質1.2g

 

・つくね串のカロリー・栄養素

最後に、つくね串のカロリー・栄養素は、ファミマ公式サイトのデーターを参照しました。

 

カロリー:229kcal
タンパク質:12.6g
脂質:13.3g
糖質:14.6g

 

▼参照データー

ファミリーマート公式ページ:食品データー

 

●ファミマ筋肉飯のカロリー・栄養素

今回、購入した食材のカロリー・栄養素を合計すると以下のようになります。

 

タンパク質:48.7g(193.6kcal)
脂質:32.0g(288.0kcal)
糖質:72.8g(291.2kcal)

 

つまり、タンパク質:筋肉合成カロリーは「193.6kcal:579.2kcal」≒「1:3」となり、まさにバルクアップの黄金比率となりました。

 

●ファミマ筋肉飯の作り方

・お湯を沸かすだけ

今回のファミマ筋肉飯の調理は、調理らしい手間もなく、お湯を沸かすだけです。これだと、料理が苦手な男性が限界的なトレーニング後でも、全く面倒なく作って食べることができます。

 

カップ麺には、このようにつくね串を串から取り外して入れ、熱湯を注いで温めました。

 

サラダチキンは、カットサラダの上に乗せただけです。面倒であれば、サラダチキンを切る必要すらありません。

 

■その他の筋トレ向きコンビ二レシピ

7_Eleven_Singapore.jpg

なお、筆者はこれまで当ブログだけでなく、各スポーツメーカーサイトにもコンビ二飯レシピを公開していますので、あわせてご参照ください。

 

●GLFIT公式ページ

【筋トレむきサラダチキンラーメン】コンビニで買ってすぐに作って食べられるバルクアップ飯

 

■ジャンクフード筋トレ最適化チャレンジ

また、コンビ二食シリーズと並行して、ジャンクフードの筋トレ最適化チャレンジも各サイトにて公開しています。こちらも、是非ご一読ください。

 

●GLFIT公式

【ジャンクフードの筋トレ最適化】良質タンパク質追加で筋肉飯にする方法

 

●FutamiTC公式

【ジャンクフード筋トレ最適化】タンパク質強化でバルクアップ向けの食事にする総集編

 

 

■この記事を読んだ人におすすめの記事

 

【筋トレ向きサラダチキンレシピ集】コンビ二食品を有効に組み合わせて筋肥大する食事メニュー例

 

■筋トレ効果を高める栄養の基礎知識

筋トレの効果を最大限高めるためには、いかに鍛えるか=筋トレメニューの知識だけでなく、いかに効率的に食べるか=筋トレ食事メニューの栄養的な知識も重要です。

 

筋トレの成果を出すためには、筋トレ4割、食事6割と言われるくらいです。

 

●食事の三大栄養素について

まず、はじめに知っていただきたいのが、食事の三大栄養素で、それはタンパク質(protein)・糖質(carbohydrate)・脂質(fat)の三種類です。そして、その三種類の栄養素の頭文字をとって、栄養素バランスのことをPCFバランスと呼びます。

 

この三種類の栄養素の特徴とグラムあたりのカロリーは以下の通りです。

 

○タンパク質(4kcal/g)

タンパク質は筋肉を構成する物質で、筋トレで鍛えた筋肉を大きくするための材料となります。

 

○糖質(4kcal/g)

糖質は活動のためのエネルギー源になるだけでなく、タンパク質を筋肉として合成する時の筋肉合成カロリーとして働きます。

 

○脂質(9kcal/g)

脂質も糖質と同様のエネルギー源としての働きを持ちますが、グラムあたりの熱量が高く、貯蔵エネルギーとして効率的なので、余剰カロリーは体脂肪として貯えられます。


●筋トレ目的別に適切なPCFバランス

筋トレの食事メニューは、まずは摂取タンパク質量の算出を基準にします。

 

・バルクアップなら3:6:1のPCFバランス

バルクアップ筋トレの場合、体重1kgあたり2gの純タンパク質(肉類換算10g)が一日に必要で、体重60kgの場合120g(肉類換算600g)の純タンパク質が必要になります。

 

そして、バルクアップのためにはタンパク質の2~3倍の筋肉合成カロリーが必要となるため、そのPCFバランスはおよそ3:6:1とされていますので、約240gの糖質と約40gの脂質が必要となります。

 

・ダイエットなら4:5:1のPCFバランス

ダイエットに最適なPCFバランスは、タンパク質の比率が高めの4:5:1とされています。同様に計算すると、体重60kgの場合120g(肉類換算600g)の純タンパク質に対して、およそ150gの糖質と15gの脂質が必要となります。

 

●グリセミック指数にも気を配る

pasta-503952_960_720_2016102605523356d.jpg

ダイエット系の筋トレでは、特に食品の血糖値の上がりやすさの指標となるグリセミック指数について知っておく必要があります。

 

graphic-1714230_960_720.png

グリセミック指数とは食品における血糖値の上がり方を客観的に数値化したものです。GI値とも呼ばれ、その基準は50gのブドウ糖を100として算出します。

 

代表的な炭水化物食品のグリセミック指数は以下の記事で解説しています。

 

▼関連記事

【グリセミック指数(GI値)】炭水化物の分解速度により摂取食品を食べ分ける

 

■アミノ酸スコアとは

business-163464_960_720_20161011194511b08.jpg

アミノ酸スコアとは、人間にとっての必須アミノ酸(体内合成できないアミノ酸)全9種類の含有率を点数化したものです。

 

人間の必須アミノ酸にはバリン、ロイシン、イソロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、トリプトファン、ヒスチジンがあり、その比率は決まっています。ですので、摂取したタンパク質食品全てがアミノ酸として分解・吸収されるわけではなく、比率として最も少ない必須アミノ酸に合わせた分しか吸収利用できません。

 

そして、タンパク質食品のうちどのくらいが利用可能かを点数化したものがアミノ酸スコアと呼ばれるもので、アミノ酸スコアが100に近い食品ほどタンパク質食品として優秀で、多くの肉類・魚介類はアミノ酸スコア100点です。

 

詳しくは、下記の記事をご参考ください。

 

▼関連記事

【アミノ酸スコアとは】基本をわかりやすく表で解説するとともに100点の食品を紹介







筋トレについて調べる


▼人気記事▼

【筋肉の部位名称と鍛え方】
【筋トレの食事メニュー例】

■おすすめの筋トレグッズ


●押す筋トレにはリストラップを




上半身の押す筋トレにぜひとも使用したいのが手首を保護するリストラップと呼ばれる筋トレグッズです。多くの初心者は、まだ手首を保持する力が弱く、腕立て伏せなども先に手首が痛くなってしまい完遂できないケースが少なくありません。リストラップを使えば、最後まで筋肉を追い込むことができ、とても効率的に身体を鍛えていくことが可能です。

▼おすすめのリストラップ

おすすめリストラップを見る

▼リストラップとは?解説記事

【おすすめのリストラップ】初心者むけに使いやすい長さやリストストラップとの違いも解説

●引く筋トレにはパワーグリップを




上半身の引く筋トレで初心者の方に多く見られるのが「先に握力がなくなって追い込めない」というケースです。筋トレは101%で行ってはじめて成果がでます。パワーグリップを使用して引くトレーニングの効率を上げることをおすすめします。

▼おすすめのパワーグリップ

おすすめパワーグリップを見る

▼パワーグリップとは?解説記事

【おすすめのパワーグリップ】使い方の解説と男性・女性どちらにも快適なアイテム紹介

●筋トレの基本グッズはトレーニングベルト




腰を保護するだけでなく、腹圧を高め最大筋力を向上させてくれるトレーニングギアがトレーニングベルトです。筋トレにおいては、ほぼ必須のギアとも言えますので、ぜひ入手することをおすすめします。なお、トレーニングベルトはトレーニーにとって「筋トレの友」とも言える存在になってきます。はじめから安易なものを選ばずに、考えているよりもワンランク・ツーランク上のものを入手することがベルト選びの秘訣です。

▼おすすめのトレーニングベルト

おすすめのパワーベルトはこちら

▼トレーニングベルトの種類と使い方

【おすすめのトレーニングベルト】選び方・巻き方から男性筋トレ用・女性用・ベンチプレス用まで詳しく解説

10423662_402917463182138_3796918816283238787_n.jpg
執筆者情報
上岡岳
アームレスリング元日本代表
ジムトレーナー・生物学学芸員
日本アームレスリング連盟審判長

記事に記載されている内容は執筆者の運営するジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。

※当ブログの画像はWikipediaやpixabayなどのフリー画像および著作権者に許可を得た画像のみを使用しています。

※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。
BLOG内検索
   

鬼ベルトフックバックル
    13mm 超強仕様 2019IPF公認

圧倒的な体幹のサポート力!
非常に硬い本革使用で
厚さ約13mmの超強仕様!

商品についてはこちら

鬼リストラップ IPF公認

世界チャンピオンが認めた
強くて扱いやすい
リストラップです。

全てのパワーリフティング、
ベンチプレスの試合で使用可能な
リストラップです。

商品についてはこちら

BLOG内検索


BLOG

アイテムメニュー

ブランドメニュー