明けましておめでとうございます。新年初の記事となりますが、本年もよろしくお願します。

今回は前回に引き続きバルクアップ方法のためのトレーニングで変化させる意識についてご紹介します。

 

無理に追い込むと怪我のリスクがさけられない

よくジムなどで見かける光景が必要以上に追い込んだり、効かせるばかりを意識したトレーニングです。

このトレーニングが悪いとは思いませんがこの様なトレーニングをしていたクライアント様によく聞くのが怪我です。さらに身体を見せていただきますとオーバーワークしがちな方が多いです。

筋肉を強く、大きくする為には怪我をしてしまっては遠回りとなってしまいます。

 

動き方、動き方の意識を変える

確実に成長するためにはこのようなトレーニングよりも身体の使い方を上手くした方がより早く理想の身体、パワーをつけらます。

私も2015年83kg級の時に若干肩を痛めましたが、それ以降身体の使い方を考えるようになってからは怪我は一切なく今は記録も大会ごとに更新できています。

どうしたら身体を上手く使うことができるのかは長い間、感覚をとぎすまさなけばできるようになりません。私もまだまだ発見があるくらいです。

前回肩甲骨の動きがうまくなればトレーニングも短くでき、より効率よく行えると書きました。

肩甲骨の動きができてくると、自然と効くポジションのフォームが作れるようになります。

意識せず、追い込まなくても自然と出来るようになりその結果、オーバーワークにもならず怪我もなくトレーニングを行うことが出来るため、効率の良い身体づくりができるようになります。

 

 

まとめ

人によって身体の使い方は変わってきますが、基本となるところは一緒です。

人から聞いたもの、見たもの、読んだものをただただ実践するだけではダメです。

それらを1つ1つ考えながら取り組み、自分にプラスになる使い方に変換(正しい方)に融合できたとき、強さは発揮していくものです。

 

長谷川直輝のパーソナルトレーニングジムオープンオープンしました!

パーソナルジムEFFECT

田町、三田から徒歩約5分です!

ボディメイク、ダイエット、勿論ベンチプレスも!お悩みの方、全て解決いたします!



長谷川直輝がパーソナルトレーナーとしてサポートさせていただいているトップアスリートの皆様

三浦造 選手 パラリンピック5位

坂巻三恵子 選手 ベストボディ日本大会ウーマンズ2位

松岡紀佳 選手 世界マスターズベンチ 優勝

鈴木重成 選手 世界マスターズベンチ優勝


長谷川直輝のベンチプレス競技実績

世界ジュニアベンチプレス選手権大会 83kg級 優勝

全日本ベンチプレス選手権大会 93kg級 優勝 2回

ジャパンクラシックベンチプレス選手権大会 93kg級 3連覇(2015年、2016年、2017年)

ベスト記録 ノーギアベンチプレス:215kg フルギアベンチプレス:311kg

トップアスリート兼パーソナルトレーナー長谷川直輝へご連絡先は下記にお願いします。

メール:wweecwnet@gmail.com

Instagram:naokihasegawa_bench

Twitter:@wwenxtecw
BLOG内検索
   

鬼ベルトフックバックル
    13mm 超強仕様 2019IPF公認

圧倒的な体幹のサポート力!
非常に硬い本革使用で
厚さ約13mmの超強仕様!

商品についてはこちら

鬼リストラップ IPF公認

世界チャンピオンが認めた
強くて扱いやすい
リストラップです。

全てのパワーリフティング、
ベンチプレスの試合で使用可能な
リストラップです。

商品についてはこちら

BLOG内検索