【懸垂のやり方完全版】筋肉部位別の種類とコツ|初心者ができるようになる秘策も解説 – 武器屋.net BLOG

懸垂は背中の筋肉(広背筋・僧帽筋)にとって非常に効果的な筋力トレーニングです。しかし、正しいやり方やコツを知らないと上手く背中に効かせることができない、やや難しい筋トレ方法でもあります。懸垂の効果的なやり方と便利な器具・マシン類および補助グッズをご紹介します。

 

スポンサーリンク


■懸垂が効果のある筋肉

●広背筋・僧帽筋・上腕二頭筋

2651904068_17e189d741_b.jpg

懸垂によって鍛えることができる筋肉は、主に背中の筋肉である広背筋と僧帽筋、腕の筋肉である上腕二頭筋です。懸垂にはいくつかのやり方の種類があり、その種類によって効果的な筋肉部位も変わってきます。

 

広背筋は背面上側部から腰にかけて位置する筋肉で、上半身の筋肉の中でも最大の体積を持っています。この筋肉が発達すると男性らしい逆三角形の体型になることができます。僧帽筋は脊柱に沿って首の後から腰にかけて分布する筋肉で、鍛えられると厚みのある上半身になります。また、上腕二頭筋は「力こぶ」の筋肉として知られており、発達すると男性らしい逞しい腕になります。

 

■筋肉部位ごとに効果的な懸垂の種類

懸垂の種類には「順手・縦持ち・逆手」の3種類があります。そして、その種類ごとに効果のある筋肉部位も「広背筋・僧帽筋・上腕二頭筋」と変化します。種類ごとにやり方のコツを解説していきます。

 

●広背筋に効果の高い順手懸垂(ノーマルチンニング)

スタンダードな順手での懸垂(ノーマルチンニング)は広背筋を中心に効果があります。広背筋に効かせるための動作のコツは、胸を張り、上を向いて行うことです。一般的にありがちな「バーより上に顎を出す」イメージでは背中の筋肉は完全収縮しません。大胸筋上部をバーにつけにいくイメージとフォームで行ってください。

 

なお、どの種類の懸垂にも共通ですが、先に握力がなくなってしまうという人は、親指もバーにかける「サムレスグリップ」で行うとよいでしょう。

 

【本種目のやり方とフォームのポイント】

 

①肩幅よりやや広く懸垂バーを握って構えます

 

②上を見て、肩甲骨を寄せながら肘を曲げて身体を引き上げます

 

③肘が直角になるまで身体を引き上げたら、肩甲骨をしっかりと寄せて背筋群を完全に収縮させます

 

④ある程度、筋肉でコントロールしながら身体を下ろし、再び身体を引き上げていきます

 

●僧帽筋に効果の高い縦持ち懸垂(パラレルチンニング)

バーを縦に保持する懸垂=パラレルチンニングはその効果の主たる部位が僧帽筋になります。やり方のコツは順手懸垂とほぼ同様で、とにかく胸を張り、フィニッシュポジションで肩甲骨を寄せて背中の筋肉を完全に収縮させるようにすることです。理想はパラレルアタッチメントを使用することですが、ない場合は前後にバーを握り、セットごとに右手と左手の前後関係を入れ替えるとよいでしょう。

 

【本種目のやり方とフォームのポイント】

 

①肩幅よりやや広く懸垂バーを手が平行になるように握って構えます

 

②上を見て、肩甲骨を寄せながら肘を曲げて身体を引き上げます

 

③肘が直角になるまで身体を引き上げたら、肩甲骨をしっかりと寄せて背筋群を完全に収縮させます

 

④ある程度、筋肉でコントロールしながら身体を下ろし、再び身体を引き上げていきます

●上腕二頭筋に効果の高い逆手懸垂(リバースチンニング)

上腕二頭筋に集中的に負荷がかかるのが逆手懸垂(リバースチンニング)です。これまでの背中の筋肉をターゲットにした2種類の懸垂とは違い、腕にかかる負荷を増すために、やや背中を丸め気味にして「背中の筋肉をなるべく使わない」のがやり方のコツになります。

 

この懸垂では顎をバーの上に出しにいくイメージが正しくなります。

 

【本種目のやり方とフォームのポイント】

 

①懸垂バーを肩幅程度の広さで逆手でグリップして構えます

 

②肩甲骨を寄せずに腕の力だけで身体を引き上げます

 

③ある程度筋力でコントロールし、筋肉に負荷をかけながら身体を下ろします

 

④反動を使わずに、再び身体を引き上げていきます

■懸垂ができるようになるプログラム

長年ジムのトレーナーをしていますが、意外と懸垂のできる人は少ないものです。とくに、数回ならまだしも、筋肥大に最適な反復回数である8~10回の懸垂ができる人は多くありません。そんな「懸垂のできない人」でも「必ず懸垂ができるようになる」ステッププログラムがFutamiTCにはありますので、ご紹介したいと思います。

 

●STEP①:背中で初動する感覚を覚える

動画のメンバーは、現在はサクサクと10回以上の懸垂をこなすメンバーですが、入会当初は一回も懸垂ができませんでした。このようなゼロスタートの場合、最初の一ヶ月はこちらの動画のような「背中で初動する」トレーニングを繰り返します。10回を1セットに3~5セットが目安となります。このトレーニングのなかで、懸垂のスタートダッシュとなる基礎的な背筋力と握力が養われていきます。

 

●STEP②:背中で引ききる感覚も大事

次の段階(2ヶ月目以降)のトレーニングがこちらの動画です。踏み台に乗せた足を補助に使い、懸垂のフィニッシュの感覚=背筋の収縮の感覚を養います。これにより、腕で引いてしまうイメージがなくなるとともに、基礎的な筋力もさらにアップしていきます。STEP①を1~2セットした後に10回×3セットを行ないます。

 

●STEP③:保持力を鍛える

3ヶ月目以降は本格的に懸垂の筋力トレーニングを開始します。踏み台に乗せた足を使い懸垂のトップポジションまで身体を持ち上げたあと、できるだけ重力に逆らいながら静止する「ネガティブトレーニング」で筋力を強化します。懸垂においては、「身体を引き上げる筋力」よりも「身体を下ろさないで耐える筋力」のほうが実は重要です。STEP①~②のトレーニングを1~2セットした後に10回×2セットを行ないます。

 

●STEP④:セルフ補助で全動作を練習

STEP③を開始して一ヶ月もすれば、数回は懸垂ができるようになっています。ここで、焦って回数を増やそうと反動を使ったり、フォームを崩して行うのは、必要な筋力がつかず、かえって遠回りになります。自力での懸垂回数を測定する以外は、踏み台に乗せた足を使ってゆっくりと正しいフォームで10回×3セットを行い基礎筋力をさらに向上させていきます。

 

●STEP⑤:徐々に筋力をつけていく

全く懸垂ができなかった人でも、早くて4ヶ月、遅くても6ヶ月もすれば、自力で懸垂が4~5回できるようになっています。あとは、コツコツとトレーニングを繰り返し筋力をつけていくだけです。なお、この場合も、反動や勢いは使わずに、限界がきたら踏み台に乗せた足を使って、10回×3セットをこなしていきます。

 

●番外編:いつかはこうなる

こちらの動画は、当時、アームレスリングのU21(21歳以下)の全日本チャンピオンだったメンバーのスペシャル懸垂の様子です。自重だけでは負荷が足らないので、首に5kgのチェーンを巻いて、はしご懸垂から飛び移り懸垂まで行っています。

 

●超人編:究極の片手懸垂

こちらの動画は、YOUTUBEで見つけたものですが、究極の懸垂と呼ばれる片手懸垂を、なんと5回も繰り返しているものです。人間、鍛えれば強くなるものですね。

 

■懸垂ができない人の筋力トレーニング

懸垂はコツを覚え、腕力だけに頼らない適切なフォームを身につければ、かなり簡単にできるようにはなりますが、やはり、基礎的な筋力が絶対的に必要となります。

 

この項目では、筋力不足に起因して懸垂ができない方むけの「懸垂ができるようになる筋トレ」をご紹介します。

 

●斜め懸垂

器具を使わずに、背筋全体を自宅で鍛えられ、比較的強度の低い方法が、こちらの動画のような机を使った斜め懸垂になります。胸をはり、肩甲骨を寄せるイメージで行ってください。

 

おおよその目安ですが、この動画のような角度の斜め懸垂が15回ほどできるようになれば、通常の懸垂が1回はできます。

 

【本種目のやり方とフォームのポイント】

 

①机の下に入り、縁をつかんで構えます

 

②肩甲骨を寄せながら、肘を曲げて身体を引き上げていきます

 

③肘が直角になるまで身体を引き上げたら、肩甲骨をしっかりと寄せて背筋群を完全に収縮させます

 

④ある程度は筋肉でコントロールして身体を元の位置まで戻し、再び身体を引き上げていきます

 

●シーツを使った斜め懸垂

こちらの動画は、シーツをドアに挟んで行う斜め懸垂(インバーテッドロウ)です。この方法だと角度が自在に調整できるので、筋力に自信のない方でも簡単に背筋を鍛えることが可能です。

 

【本種目のやり方とフォームのポイント】

 

①ドアにシーツを挟み、身体が好みの角度に倒れる位置でシーツを掴んで構えます

 

②肩甲骨を寄せながら、肘を曲げて身体を引き上げます

 

③肘が直角になるまで身体を引き上げたら、肩甲骨をしっかりと寄せて背筋群を完全に収縮させます

 

④ある程度は筋肉でコントロールして身体を元の位置まで戻し、再び身体を引き上げていきます

 

●チューブ懸垂

非常に実践的で、懸垂のフォームやコツを習得していくのに最適な筋力トレーニングが、こちらの動画のようなトレーニングチューブを補助に使った懸垂です。

 

徐々にチューブの強度を弱いものに交換していきます。

 

●椅子補助懸垂

トレーニングチューブを筋力補助に使うかわりに、この動画のように自身の脚力を補助に使って、懸垂の予備練習・トレーニングを行う方法もあります。

 

●チューブラットプルダウン

チューブラットプルは、広背筋を集中的に鍛えることのできるトレーニング方法で、懸垂で使う筋肉と全く同じ部位を強化することが可能です。

 

肘を体幹より後ろに引くと同時に、肩甲骨を寄せきって広背筋を完全収縮させてください。

 

●ワンハンドダンベルローイング

ワンハンドダンベルローイングはベンチなどに片手をついて行うダンベルローイングで、自身の姿勢を100%支える必要がないので、高重量のダンベルを引き上げることに集中できるのが大きなメリットです。胸を張り、やや顎を上げて行うのは基本と同じです。

 

また、ダンベルローイングのバリエーションのなかで、もっとも広背筋の可動範囲が広くなりますので、広背筋をターゲットにする場合におすすめの種目です。

 

このため、本種目は懸垂のための筋力トレーニングとして最適なダンベル筋トレと言えます。

 

●ケーブルラットプルダウン

こちらがノーマルのラットプルダウンで、特に広背筋に効果的なバリエーションです。

 

ジムトレーニングとしては、もっとも懸垂に近い動作の筋トレですから、懸垂の筋力トレーニングとして最適な種目と言えます。

 

胸を張り、やや顎を上げて、肩甲骨を寄せながらバーを引き寄せます。この時に背中が丸くなると腕に刺激が逃げてしまい、肝心の背筋群に効果がなくなります。

 

■さまざまな懸垂のバリエーション

●クライマー懸垂

クライマー懸垂は、ロッククライマーが筋力トレーニングとして好んで行う懸垂のバリエーションで、身体を引き上げた後に左右に移動する動作を加える、高強度の懸垂のやり方です。

 

●エルシット懸垂

エルシット懸垂は、足を前方に伸ばした状態で懸垂を行うバリエーションで、背筋群と同時に腹筋群も鍛えることができます。

 

●タックフロント懸垂

タックフロント懸垂は、次の項目のフロントレバー懸垂を行う歌芽の練習種目のようなもので、身体を床と平行にし、バランスをとりやすいように膝を折り曲げて身体を引き上げます。

 

●フロントレバー懸垂

フロントレバー懸垂は、かなりの筋力とバランス能力が要求される、高難易度懸垂です。

 

●マッスルアップ

最強の自重トレーニングの一つとして知られるマッスルアップは、懸垂動作に腕立て伏せ(ディップ)を追加したような筋トレ方法で、上半身ほぼ全ての筋肉に爆発的な効果があります。

 

こちらが、マッスルアップのやり方を詳細に解説した動画です。トレーナーがかなり細かく解説していますが、さらにわかりやすくその要点をまとめました。

 

gatag-00009372.jpg

マッスルアップで最も難しいのが、懸垂動作で身体を引き上げて、バーが胸のラインを超えるまでです。このラインを超えると後はディップを行う筋力さえあれば問題ありません。マッスルアップの懸垂動作は、通常の懸垂とは大きく異なり、懸垂動作でNGとされる動作(全身の反動を使う動作)で身体を引き上げ、膝を曲げ背中を丸めて行います。その手順は以下の通りです。

 

①身体をスイングさせて、後方にスイングした瞬間に引き上げ動作を開始する。

 

②同時に膝を待ち上げ、重心をできる限り上へと移動させる。

 

③背中を丸め、一気に胸のラインを超える。

 

この手順のなかでも、②と③の行程は、運動方向が逆ではありますが、バーバル種目のクリーンに似た感覚で行います。

 

 

■自宅懸垂の器具・マシン・補助グッズ類

ここからは、自宅で懸垂を行う場合に必要な器具・マシン類をご紹介します。懸垂以外の自重トレーニングも可能な本格的なものから、簡易的に取り外しができるリーズナブルなものまであります。

 

●頑丈な懸垂ラックから簡易器具までご紹介

2917168555_75c2dc651b_b.jpg

本格的に自宅筋トレを始めるならば、まず揃えたいのが懸垂ラック・装置です。懸垂だけでなく腕立て伏せ・ディップ・腹筋など、一通りの自重トレーニングができるチンニングラックから簡易的にドア部分に取り付けるものまで、さまざまなタイプがあります。

 

▼おすすめの懸垂器具

【おすすめ自宅背筋トレーニング器具】各メーカーの懸垂ラックや懸垂装置紹介

 

▼コラム記事

背筋を自宅で鍛える懸垂器具おすすめ|どれが良いかトレーナーが本音で解説

 

なお、ぶら下がり健康器のおすすめと使い方は下記の記事で詳しく解説しています。

 

▼関連記事

【ぶら下がり健康器のおすすめと使い方】腰痛対策や懸垂筋トレなどに効果抜群

 

●おすすめのトレーニングチューブ

トレーニングチューブは単品で買い揃えるとかなり割高になりますので、写真(筆者の運営するジムの備品)のような強度の違う複数本がセットになったものがリーズナブルでおすすめです。下記の記事では、実際に筆者の運営するジムで使用しているタイプのご紹介から各メーカーの比較まで行っていますので、是非ご参照ください。

 

▼おすすめのトレーニングチューブ

【おすすめトレーニングチューブ】単品で揃えるよりセット購入がお得|自重トレの仕上げに最適

 

●おすすめのダンベル

筆者の運営するジムでは、左から順にアジャスタブルダンベル・アーミーダンベル・スピンロック式ダンベルといったさまざまなタイプのダンベルを使用しています。

 

また、スピンロック式ダンベルもプラコートタイプ・ラバータイプ・アイアンタイプなどを使用しています。

 

ダンベルにはそれぞれの種類で長所と短所がありますが、男性ならラバーダンベル・女性ならアーミーダンベルが、ご家族や男女兼用で使用するのであればアジャスタブルダンベルがおすすめです。

 

▼おすすめのダンベル

【ダンベルの種類と重さの決め方】男女それぞれにおすすめのタイプと筋肉部位別の鍛え方

 

▼コラム記事

【おすすめダンベルセットと種類】何キロを買えばいい?男性なら60kg女性なら20kg

 

●握力補助にリストストラップやパワーグリップを

・おすすめのリストストラップ

0000000002963.jpg

懸垂トレーニングでよくあるのが、「握力が先に疲れてしまって背筋を追い込めない」というものです。筋肉は101%追い込んでこそ発達しますので、握力が先に弱る方は、リストストラップを使って最後まで背筋に負荷をかけられるトレーニングを行ってください。

 

▼おすすめのリストストラップ

GLFITリストストラップを見る

 

・軽い補助ならパワーグリップがおすすめ

0000000002232.jpg

また、握力がそこまで弱らないという方には、グリッピングがスピーディーなパワーグリップがおすすめです。

 

▼おすすめのパワーグリップ

GLFITパワーグリップを見る

 

■懸垂の詳しいバリエーション

筆者の運営する筋トレ専門サイトでは、今回ご紹介した基本的な懸垂三種類に加え、あわせて40種類もの懸垂バリエーションをご紹介しています。是非ご一読ください。

 

▼関連記事

【懸垂40種類のやり方】フォームやコツを解説|できない人向け種目も紹介

 

■筋力トレーニングの実施状況と結果

筆者の運営するジムにおける、背筋群の筋力トレーニングの実施状況と結果は下記の通りです。

 

【広背筋の構造・作用】当施設における筋力トレーニング実施の方法・結果・考察

 

【僧帽筋の構造・作用】当施設における筋力トレーニング実施の方法・結果・考察

 

■おすすめの記事

【自重トレーニングメニュー】限界突破の最強筋肥大筋トレを解説

 

【背筋の鍛え方自宅編】自重・チューブ・ダンベルでの広背筋・僧帽筋・脊柱起立筋の筋トレ







筋トレについて調べる


■おすすめの筋トレグッズ


●押す筋トレにはリストラップを




上半身の押す筋トレにぜひとも使用したいのが手首を保護するリストラップと呼ばれる筋トレグッズです。多くの初心者は、まだ手首を保持する力が弱く、腕立て伏せなども先に手首が痛くなってしまい完遂できないケースが少なくありません。リストラップを使えば、最後まで筋肉を追い込むことができ、とても効率的に身体を鍛えていくことが可能です。

▼おすすめのリストラップ

おすすめリストラップを見る

▼リストラップとは?解説記事

【おすすめのリストラップ】初心者むけに使いやすい長さやリストストラップとの違いも解説

●引く筋トレにはパワーグリップを




上半身の引く筋トレで初心者の方に多く見られるのが「先に握力がなくなって追い込めない」というケースです。筋トレは101%で行ってはじめて成果がでます。パワーグリップを使用して引くトレーニングの効率を上げることをおすすめします。

▼おすすめのパワーグリップ

おすすめパワーグリップを見る

▼パワーグリップとは?解説記事

【おすすめのパワーグリップ】使い方の解説と男性・女性どちらにも快適なアイテム紹介

●筋トレの基本グッズはトレーニングベルト




腰を保護するだけでなく、腹圧を高め最大筋力を向上させてくれるトレーニングギアがトレーニングベルトです。筋トレにおいては、ほぼ必須のギアとも言えますので、ぜひ入手することをおすすめします。なお、トレーニングベルトはトレーニーにとって「筋トレの友」とも言える存在になってきます。はじめから安易なものを選ばずに、考えているよりもワンランク・ツーランク上のものを入手することがベルト選びの秘訣です。

▼おすすめのトレーニングベルト

おすすめのパワーベルトはこちら

▼トレーニングベルトの種類と使い方

【おすすめのトレーニングベルト】選び方・巻き方から男性筋トレ用・女性用・ベンチプレス用まで詳しく解説

10423662_402917463182138_3796918816283238787_n.jpg
執筆者情報
上岡岳
アームレスリング元日本代表
ジムトレーナー・生物学学芸員
日本アームレスリング連盟審判長

記事に記載されている内容は執筆者の運営するジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。

※当ブログの画像はWikipediaやpixabayなどのフリー画像および著作権者に許可を得た画像のみを使用しています。

※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。
BLOG内検索
   

鬼ベルトフックバックル
    13mm 超強仕様 2019IPF公認

圧倒的な体幹のサポート力!
非常に硬い本革使用で
厚さ約13mmの超強仕様!

商品についてはこちら

鬼リストラップ IPF公認

世界チャンピオンが認めた
強くて扱いやすい
リストラップです。

全てのパワーリフティング、
ベンチプレスの試合で使用可能な
リストラップです。

商品についてはこちら

BLOG内検索


BLOG

アイテムメニュー

ブランドメニュー