【筋トレむき夏野菜料理】夏バテを防ぎスタミナをつける食事レシピ例 – 武器屋.net BLOG
本記事は筆者が運営するジムでの実際のトレーニング指導・食事指導および使用器具に基づく記載内容です。

筋トレ情報トップページはこちら

筋トレについて調べる

暑い季節の筋トレは夏バテを起こしやすく効率的に鍛えることが難しいものです。しかし、夏場にいかに筋肉を維持して乗り切るかが、その後に訪れる「筋トレに最高率な季節=秋」に筋肉を発達させられるかのキーポイントとも言えます。

 

そんな夏場の筋トレのスタミナ向上にも効果的な夏野菜のレシピをご紹介します。

 

スポンサーリンク


■夏野菜が筋トレに良い理由

●ビタミン・ミネラルが豊富

こちらが、まず最初にご紹介する「夏野菜のトマトキーマカレー」の材料である、夏野菜=シシトウ・オクラ・パプリカ・ナス・枝豆と豚肉ミンチ・鶏肉ミンチ・ホールトマト・玉ねぎ・カレールーです。

 

夏野菜にはビタミンが多く含まれるだけでなく、発汗で失われがちなミネラルが豊富なため、夏バテ防止に効果的です。

 

また、ミネラルのなかでも筋収縮に重要な働きをするカリウムが多いことも、夏野菜が夏場の筋トレに良いとされる理由です。

 

■夏野菜のトマトキーマカレーの作り方

●フライパン一つで簡単調理

まずはみじん切りにした玉ねぎを弱火で炒めていきます。焦がさないように焦らず加熱してください。

 

玉ねぎがキツネ色になったら、豚肉ミンチと鶏肉ミンチを加えて炒めていきます。

 

夏野菜は写真のように1cm角ほどにカットします。

 

ミンチが炒め上がったら、ホールトマトを加えます。

 

さらにカットした夏野菜を加えて加熱していきます。

 

ナスの身に透明感がでてきたら、火が通った目安です。

 

仕上げに、水とコンソメを加えて一煮立ちさせます。

 

沸騰したら火を止め、カレールーを溶かします。ブクブクと加熱しながらルーを溶かすと、せっかくのスパイスの香りが飛んでしまいますので、必ず火を止めてからルーを溶かしましょう。

 

あとは、トッピング用の夏野菜を軽く塩ゆでし、盛り付けて完成です。

 

出来上がりました。

 

また、カレーライスだけでなく、カレーうどんにしたり…

 

パンにかけたりしても美味しいので、是非お試しください。

 

■その他の筋トレ夏野菜料理

●夏野菜とマグロ豆腐カルパッチョ

こちらは、夏野菜をふんだんに使い、高タンパク質低カロリーなマグロ・豆腐と合わせたダイエット筋トレに最適な夏野菜料理例です。

 

●夏野菜と牛焼肉

こちらは、牛赤身肉の焼肉にたっぷりの夏野菜をアレンジしたバルクアップにも最適な料理例です。赤身牛肉には亜鉛などをはじめとした、微量元素が豊富なので、夏野菜と組み合わせることでさらに夏バテ防止効果がアップします。

 

●夏野菜と豚焼肉

また、こちらは豚焼肉と夏野菜を組み合わせた料理例ですが、豚肉には筋肉合成に深く関連するビタミンB群が豊富なので、夏場の筋量ロストを防いでくれます。

 

●夏野菜とホルモン

こちらは、こてっちゃんにたっぷりの夏野菜を組み合わせた料理レシピ例です。こてっちゃんはホルモン類のなかでも特に高タンパク質低カロリーなので、ダイエット筋トレにも相性抜群です。

 

●夏野菜のプルコギ

こちらは、プルコギ(焼肉焼きそば)にふんだんな夏野菜を組み合わせた、夏場の筋肥大にも効果的な食事メニューです。筋肥大バルクアップには、タンパク質だけでなく、その2~3倍の筋肉合成カロリーが必要になり、かなりの炭水化物を摂取する必要があります。

 

暑い時期でも麺類ならば喉を通りやすいので、このような肉類+麺類+夏野菜の組み合わせ料理は、夏場の筋量維持におすすめです。

 

●夏野菜のそうめん

こちらは、豚肉と夏野菜をたっぷりと使った「筋トレ向きそうめん」です。のどごしも良いので、夏のトレーニング後にも食べやすい食事メニューです。

 

●夏野菜の冷麺

こちらは、夏野菜をたっぷりと使い、豚肉・ソーセージ・卵でタンパク質補強をした冷麺です。夏場の食事は、ついあっさりとしがちですが、トレーニング後にはしっかりとタンパク質+炭水化物を摂取する必要があります。

 

食が進まないときは、食べやすい冷やし麺系の料理がおすすめです。

 

 

■おすすめの記事

【筋トレ食事メニュー例完全版】バルクアップ・ダイエットそれぞれの料理レシピ紹介

■おすすめの筋トレグッズ


●押す筋トレにはリストラップを




上半身の押す筋トレにぜひとも使用したいのが手首を保護するリストラップと呼ばれる筋トレグッズです。多くの初心者は、まだ手首を保持する力が弱く、腕立て伏せなども先に手首が痛くなってしまい完遂できないケースが少なくありません。リストラップを使えば、最後まで筋肉を追い込むことができ、とても効率的に身体を鍛えていくことが可能です。

▼おすすめのリストラップ

おすすめリストラップを見る

▼リストラップとは?解説記事

【おすすめのリストラップ】初心者むけに使いやすい長さやリストストラップとの違いも解説

●引く筋トレにはパワーグリップを




上半身の引く筋トレで初心者の方に多く見られるのが「先に握力がなくなって追い込めない」というケースです。筋トレは101%で行ってはじめて成果がでます。パワーグリップを使用して引くトレーニングの効率を上げることをおすすめします。

▼おすすめのパワーグリップ

おすすめパワーグリップを見る

▼パワーグリップとは?解説記事

【おすすめのパワーグリップ】使い方の解説と男性・女性どちらにも快適なアイテム紹介

●筋トレの基本グッズはトレーニングベルト




腰を保護するだけでなく、腹圧を高め最大筋力を向上させてくれるトレーニングギアがトレーニングベルトです。筋トレにおいては、ほぼ必須のギアとも言えますので、ぜひ入手することをおすすめします。なお、トレーニングベルトはトレーニーにとって「筋トレの友」とも言える存在になってきます。はじめから安易なものを選ばずに、考えているよりもワンランク・ツーランク上のものを入手することがベルト選びの秘訣です。

▼おすすめのトレーニングベルト

おすすめのパワーベルトはこちら

▼トレーニングベルトの種類と使い方

【おすすめのトレーニングベルト】選び方・巻き方から男性筋トレ用・女性用・ベンチプレス用まで詳しく解説

10423662_402917463182138_3796918816283238787_n.jpg
執筆者情報
上岡岳
アームレスリング元日本代表
ジムトレーナー・生物学学芸員
日本アームレスリング連盟審判長

記事に記載されている内容は執筆者の運営するジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。

※当ブログの画像はWikipediaやpixabayなどのフリー画像および著作権者に許可を得た画像のみを使用しています。

※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。
BLOG内検索
   

鬼ベルトフックバックル
    13mm 超強仕様 2019IPF公認

圧倒的な体幹のサポート力!
非常に硬い本革使用で
厚さ約13mmの超強仕様!

商品についてはこちら

鬼リストラップ IPF公認

世界チャンピオンが認めた
強くて扱いやすい
リストラップです。

全てのパワーリフティング、
ベンチプレスの試合で使用可能な
リストラップです。

商品についてはこちら

BLOG内検索


BLOG

アイテムメニュー

ブランドメニュー