仲間と筋トレを頑張った後に、ちょっと一杯行くならば、やはり断然焼き鳥屋がおすすめです。焼肉もいいですが、焼き鳥はリーズナブルなのも嬉しいですよね。

 

筋トレ後に食べるならこれ、という串の種類と栄養素をご紹介します。あわせて、筋トレには相性の悪い種類も例示します。

 

なお、予備知識として、通常のもも焼き鳥2本100gのカロリーと栄養素は以下の通りです。

 

エネルギー:197kcal
タンパク質:15.05g
脂質:12.6g
炭水化物:3.45g

 

意外と脂質とカロリーが多いですよね。

 

スポンサーリンク




■筋トレ後に食べるべき三種の焼き鳥

●砂肝のカロリーと栄養素

まず、圧倒的におすすめなのが砂肝です。脂質やカロリーが少なく、タンパク質の塊のようなものです。

 

砂肝2本(100g)のカロリーと栄養素は以下の通りです。

 

エネルギー:94kcal
タンパク質:18.3g
脂質:1.8g
炭水化物0g

 

まさに、筋トレのためにあるような焼き鳥ですね。

 

●軟骨のカロリーと栄養素

軟骨の串も相当おすすめです。タンパク質のなかでも、靭帯や関節の材料になるコラーゲンが突出して多いので、筋トレで消耗したジョイントに最適です。

 

軟骨串2本100gのカロリーと栄養素は以下の通りです。

 

エネルギー:54kcal
タンパク質:12.5g
脂質:0.4g
炭水化物:0.4g

 

これはもう、ジョイントサプリメントなみの優秀さですね。

 

●つくねのカロリーと栄養素

つくねは、ややカロリーがあるものの、肉の部分とスジ・軟骨の部分が入り混じっており、タンパク質の「質」としてかなり優秀です。

 

つくね2本100gのカロリーと栄養素は以下の通りです。

 

エネルギー:171kcal
タンパク質:14.69g
脂質:8.3g
炭水化物:6.43g

 

ややカロリーが高いものの、通常のもも焼き鳥に比べるとはるかに高タンパク質低カロリーなことがおわかりいただけますよね。

 

以上、筋トレ後におすすめの三種類の焼き鳥でした。

 

■できれば避けたい焼き鳥の種類

●鳥皮のカロリーと栄養素

だいたいおわかりかとは思いますが、筋トレと相性の良くないのは、問答無用で鳥皮です。

 

鳥皮2本100gのカロリーと栄養素は以下の通りです。

 

エネルギー:497kcal
タンパク質:9.5g
脂質:48.6g
炭水化物:0g

 

たしかにタンパク質はあるものの、凄い量の脂質で、100gでおよそおにぎり三個分のカロリーがあります。避けたほうが無難ですね。

 

OlimpSportsNutrition

海外輸入トレーニング用品










当サイト主要記事一覧
筋トレの食事メニュー例
筋肉の名称と作用の図鑑
男性向きの記事女性向きの記事
自宅での筋トレ自宅での筋トレ
自重での筋トレ自重での筋トレ
チューブ筋トレチューブ筋トレ
ダンベル筋トレダンベル筋トレ
マシーン筋トレマシーン筋トレ
バーベル筋トレバーベル筋トレ
大胸筋の筋トレ大胸筋の筋トレ
背筋群の筋トレ背筋群の筋トレ
三角筋の筋トレ三角筋の筋トレ
三頭筋の筋トレ三頭筋の筋トレ
二頭筋の筋トレ二頭筋の筋トレ
腹筋群の筋トレ腹筋群の筋トレ
下半身の筋トレ下半身の筋トレ

スポンサーリンク


■おすすめの筋トレグッズ


●押す筋トレにはリストラップを




上半身の押す筋トレにぜひとも使用したいのが手首を保護するリストラップと呼ばれる筋トレグッズです。多くの初心者は、まだ手首を保持する力が弱く、腕立て伏せなども先に手首が痛くなってしまい完遂できないケースが少なくありません。リストラップを使えば、最後まで筋肉を追い込むことができ、とても効率的に身体を鍛えていくことが可能です。

▼おすすめのリストラップ

おすすめリストラップを見る

▼リストラップとは?解説記事

【おすすめのリストラップ】初心者むけに使いやすい長さやリストストラップとの違いも解説

●引く筋トレにはパワーグリップを




上半身の引く筋トレで初心者の方に多く見られるのが「先に握力がなくなって追い込めない」というケースです。筋トレは101%で行ってはじめて成果がでます。パワーグリップを使用して引くトレーニングの効率を上げることをおすすめします。

▼おすすめのパワーグリップ

おすすめパワーグリップを見る

▼パワーグリップとは?解説記事

【おすすめのパワーグリップ】使い方の解説と男性・女性どちらにも快適なアイテム紹介

●筋トレの基本グッズはトレーニングベルト




腰を保護するだけでなく、腹圧を高め最大筋力を向上させてくれるトレーニングギアがトレーニングベルトです。筋トレにおいては、ほぼ必須のギアとも言えますので、ぜひ入手することをおすすめします。なお、トレーニングベルトはトレーニーにとって「筋トレの友」とも言える存在になってきます。はじめから安易なものを選ばずに、考えているよりもワンランク・ツーランク上のものを入手することがベルト選びの秘訣です。

▼おすすめのトレーニングベルト

おすすめのパワーベルトはこちら

▼トレーニングベルトの種類と使い方

【おすすめのトレーニングベルト】選び方・巻き方から男性筋トレ用・女性用・ベンチプレス用まで詳しく解説

10423662_402917463182138_3796918816283238787_n.jpg
執筆者情報
上岡岳
アームレスリング元日本代表
ジムトレーナー・生物学学芸員
JAWA日本アームレスリング連盟常任理事|レフリー委員長・広報広報部長

記事に記載されている内容は執筆者の運営するジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。

※当ブログの画像はWikipediaやpixabayなどのフリー画像および著作権者に許可を得た画像のみを使用しています。
BLOG内検索
line

キーワード

オンラインストア