一般の方のトレーニング頻度

 

 

クロスフィットの練習頻度としては、3日トレーニング1日休みというトレーニングサイクルが推奨されていますが、1週間(3日トレーニング1日休み、2日トレーニング1日休み)でプログラミングを組むジムも増えてきています。

単純に考えてどちらも1週間に2回休みがあるといった感じです。ただし、どちらも必ず週5日以上トレーニングしなくてはいけないという訳ではなく、各々の生活スタイルや都合に合わせてトレーニング頻度は変わってきます。

週1ペースの人もいれば、週2、週3、もしくは、休みなんて必要ない毎日トレーニングするという人もいます。

トレーニング頻度は他のスポーツジムやフィットネスと同じように自分の都合に合わせられます。

ただし、トレーニングの効果を出すためにはクロスフィットの推奨しているトレーニング頻度、ジムで推奨しているトレーニング頻度に合わせるとトレーニング効果は早く感じることができるはずです。

1 日のトレーニング時間は基本1時間です。1 日の中で1時間だけでも時間を作る事が出来ればトレーニング可能です。

注意していただきたいのは、基本的にグループクラスでクラスの時間が各ジムで決められているので、その時間に合わせて行動しなくてはいけないということです。

遅刻するとクラスに参加させてもらえない可能性もありますし、罰ゲーム(ウォームアップとして)が待ち受けているかもしれません。

 

コンペティター(競技者)のトレーニング頻度

 

 

私は、1 日1時間のクロスフィットで十分なタイプですが、中には物足りない、もっと早く強くなりたいという方もいらっしゃると思います。

クロスフィットは競技にもなっていますのでもちろんコンペティター(競技者)としてトレーニングしている方もいます。

コンペティターもトレーニング頻度は様々です。

早朝、午前、午後と3部練を組む方もいれば、一般の方と同じように1日1時間だけという方もいます。

 

まとめ

 

 

一般の方も、コンペティターの方も、とりあえずやればいいというわけではなく、まずはゆっくりでもいいので自分にあったトレーニング頻度を見つける、自分を知る事が最優先だと私は思います。

最優先事項は楽しく怪我をせず続けられるという事です。

 


寄稿者

新崎直哉(アラサキ ナオヤ)



経歴

2008年 東海大学 体育学部 競技スポーツ学科卒

2008〜2011年シーズン FC 琉球(選手)在籍

2012年〜現在 クロスフィットトレーナー

2014年9月 妻と共にクロスフィットバグースをオープン


競技歴

2013年 クロスフィットアジアリージョナル(アジア大会)優勝(チームの部)

クロスフィットゲームズ(世界大会)出場(チームの部)

※当時リーボッククロスフィットアジア在籍

2014年 クロスフィットアジア大会3位(チームの部)

※当時リーボッククロスフィットアジア在籍

2015年 パシフィックリージョナル(アジア・オーストラリア大会)13位(チームの部)

※クロスフィットバグース在籍

2017年 沖縄県民体育大会 ウェイトリフティング競技 85kg 級 3位


CrossFit BAGUS クロスフィットバグース




沖縄県那覇市にあるクロスフィット認定ジム

お問い合わせは

℡ 080-3957-0894

info@crossfitbagus.com

www.crossfitbagus.com
BLOG内検索
   

鬼ベルトフックバックル
    13mm 超強仕様 2019IPF公認

圧倒的な体幹のサポート力!
非常に硬い本革使用で
厚さ約13mmの超強仕様!

商品についてはこちら

鬼リストラップ IPF公認

世界チャンピオンが認めた
強くて扱いやすい
リストラップです。

全てのパワーリフティング、
ベンチプレスの試合で使用可能な
リストラップです。

商品についてはこちら

BLOG内検索