こんにちは。

ベンチプレス世界チャンピオンの長谷川直輝です。

今回は皆様からよせられたQ &Aをお答えしてきます。

SNSや武器屋ブログから寄せられたなかでも多かった質問を選抜しました。

 

Q. ベンチプレスを100kgあげたいです。どうしたらよいですか?

ポイントはいくつかあります。

まず環境を整える事です

強い人が多くいるジムで練習する。そこには必ず強くなる秘訣、指導がありますし、レベルの高い環境でする事でモチベーションがかなり違います。

強い人が1人しかいないジムはダメです。何故ならそこには他を強くする環境がないと言ってるのと同じだからです。これは、ベンチプレスに限らず言えることです。

強い人がいる環境にビジター利用や数ヶ月通ってみる。パワーリフティングやベンチプレスのチャンピオン級トレーナーのパーソナルを受けるのも良いでしょう。

 

練習方法で大事なのは限界の練習量を見極めることです

世界や日本のトップ選手は考えられない程の練習をこなしています。多く練習をする事は強くなる為に必要な要因ではあります。ただやり方を間違えてしまうとオーバートレーニングなってしまい、いくらやっても無意味になってしまいます。これは練習したつもりになっているのと同じです。

自分に合った限界練習量、ギリギリ見極めることが出来るかどうかで強くなれるかどうかが決まります。自分の練習量の限界の見極め方ですが、人により違いますし、感覚的な要素がかなり大きいです。

私の経験で得た感覚として、例えばベンチプレスで3RMの重さが週の練習最終日に1rep出来なければオーバートレーニング気味だと判断しています。

その場合、毎日の練習量を見直し、強度を調整します。

 

Q. インターバルはどれくらいですか?

基本的にどの種目をする時も最低5分、最高で10分は開けます。その方が1セットずつ集中できフォームも乱れにくくセットもこなせ、質の良いトレーニングが出来るからです。私はこの方法で調子が良く、結果が出ています。

インターバルを短く追い込む人もいらっしゃいますが、追い込んで結果が出ているかの見極めが大切です。

 

Q. メニューはどう組み立てますか?

強い人が行っているメニューを参考にするのがよいと考えています。

強い人ではなく、体型やフォームが似ている人、目標としている人でも良いでしょう。ただし、ドーピング検査を行っていない団体の選手の練習メニューは参考外としています。

私の場合は、Gibbs選手やVadym選手のメニューを参考にしていました。(※Vadym選手はIPF時代のみ)

 

メニューの組み立てでもう一つ大切なことが何が自分にとって足りないのかを考えることです

自身のウィークポイントとなっているのがどこなのか、弱い部分を徹底的になくすように組み立てます。

あとは世界のトップの選手の身体を参考にします。自分と比べた時に筋肉のどの部分が発達しているのが、違いはどこなのかを見る事で自分の弱点が明確になりやすいです。

伸び悩んだ時は弱いと思った部位のトレーニングを1、2種類入れて2ヶ月程導入して変化をつけると良いです。

具体的なメニュー内容については過去記事をご参照ください。

https://bukiya.net/blog/naoki4/

 

Q. ベンチプレスのテクニックと力の割合は?

100:100です。(注:数学的には正しくない表現ですが、意図を汲んでください。)

最初は力だけで重量が伸びていきますが、それだけですと停滞がすぐに来てしまいます。 筋力だけで重量を伸ばしていくのは難しいところがあるため、それを発見するために筋トレとテクニック練習の両方を最初から行っていくことが大切です。

両方の数値を上げて上手く融合させていきましょう。

 

Q. 食事内容はどんな感じですか?

こちらをご参考にしてください。

https://bukiya.net/blog/naoki5/

 

Q. サプリメントは何を摂ってていますか?

こちらをご参考にしてください。

https://bukiya.net/blog/naoki6/

 

Q. 手首が痛くなりやすいです。上手いリストラップの巻き方が知りたいです

私のリストラップの巻き方を動画にしました。ご参照ください。

 

 

鬼リストラップIPF公認はこちらのページからお買い求めいただけます。

https://bukiya.net/shopdetail/000000000151/

 

長谷川直輝のパーソナルトレーニングジムオープンオープンしました!

パーソナルジムEFFECT

田町、三田から徒歩約5分です!

ボディメイク、ダイエット、勿論ベンチプレスも!お悩みの方、全て解決いたします!



長谷川直輝がパーソナルトレーナーとしてサポートさせていただいているトップアスリートの皆様

三浦造 選手 パラリンピック5位

坂巻三恵子 選手 ベストボディ日本大会ウーマンズ2位

松岡紀佳 選手 世界マスターズベンチ 優勝

鈴木重成 選手 世界マスターズベンチ優勝


長谷川直輝のベンチプレス競技実績

世界ジュニアベンチプレス選手権大会 83kg級 優勝

全日本ベンチプレス選手権大会 93kg級 優勝 2回

ジャパンクラシックベンチプレス選手権大会 93kg級 3連覇(2015年、2016年、2017年)

ベスト記録 ノーギアベンチプレス:215kg フルギアベンチプレス:311kg

トップアスリート兼パーソナルトレーナー長谷川直輝へご連絡先は下記にお願いします。

メール:wweecwnet@gmail.com

Instagram:naokihasegawa_bench

Twitter:@wwenxtecw
BLOG内検索
   

鬼ベルトフックバックル
    13mm 超強仕様 2019IPF公認

圧倒的な体幹のサポート力!
非常に硬い本革使用で
厚さ約13mmの超強仕様!

商品についてはこちら

鬼リストラップ IPF公認

世界チャンピオンが認めた
強くて扱いやすい
リストラップです。

全てのパワーリフティング、
ベンチプレスの試合で使用可能な
リストラップです。

商品についてはこちら

BLOG内検索