【おすすめオリンピックバーベルセット】実際に使用しているONIシャフト&GLFITプレートなどの紹介 – 武器屋.net BLOG

本格的なホームジムを作るために、どうしても揃えたくなるのが通称「オリシャ」と呼ばれる「オリンピックバーベルセット」=「オリンピックシャフト」と「オリンピックプレート」です。

 

バーベルの規格の種類を解説するとともに、筆者の運営するジムで実際に使用しているオリンピックバーベルセット(ONIシャフト+GLFITプレート)やその他のおすすめメーカー製セットをご紹介します。

 

スポンサーリンク


■バーベルって何?

バーベルとはウエイトリフティングやパワーリフティングの競技で用いられる「重り」のことで、バーの部分であるシャフトとウエイトの部分であるプレートに分けられます。そして、シャフトに任意のプレートをセットすることで自由に重さを変えることが可能です。

 

■バーベルの構造

●バーはシャフトとスリーブで構成される

こちらが、バーベルのバーに当る部分ですが、両端の重りを取り付ける部分である「スリーブ」と手で握る部分である「シャフト」から構成されています。

 

ONI パワーリフティングバー オリンピックシャフト

 

こちらがスリーブ部分の拡大画像です。

 

●シャフトにプレートをつける

GLFIT カラーラバープレート 20kg-1.25kg

 

バーベルの「スリーブ」に取りつけるウエイトが「プレート」と呼ばれるもので、鉄に塗装をしたアイアンプレートとラバーコーティングがされたラバープレートとがあります。

 

また、プレートの重さは、1.25kg・2.50kg・5.0kg・10.0kg・15.0kg・20.0kg・25.0kgが一般的で、実際に使用する時は左右のスリーブに同じものを装着しますので、2.5kgきざみでバーベルの重量が設定されます。

 

※このほかにも、0.5kgや7.5kgといったサイズもあります。

 

なお、筆者のジムで実際に使用しているGLFITプレートには1.25kg・2.50kg・5.0kg・10.0kg・15.0kg・20.0kgのほか、下記写真のような0.25kgと0.5kgのミニプレートもあり、シビアな重量調整に非常に便利です。

 

GLFIT カラープレート 0.5kg 0.25kg

 

紫のプレートが0.5kg、ピンクのプレートが0.25kgです。

 

●プレートをカラーでとめる

万が一、挙上の途中でバーベルが傾いてしまってもプレートが落下しないように防ぐための部品が「カラー」と呼ばれる留め具です。これには多くの種類があり、クリップ式の簡易的なものから、写真のような競技用にウエイトの一部として計算される2.5kgに作られたものまであります。

 

プラスチックバーベルカラー 50mm用 グリーン

 

なお、筆者のジムでは、こちらのプラスティック製ワンタッチカラーを使用しており、素早いプレートの固定が可能なためたいへん重宝しています。なお、重量は140gですが、トレーニング時には重量としては換算していません。

 

■バーベルの種類とは?

バーベルにはプレートを取りつける部分であるスリーブがありますが、これには2種類の太さがあります。一つは直径50mmのもので、五輪競技のウエイトリフティングに用いられることから「オリンピックシャフト」と呼ばれています。また、パワーリフティング競技においても同様のシャフトが用いられます。

 

もう一つの種類は直径28mmのもので、主に小規模なジムやホームジムで使用されています。

 

50mmシャフトはスリーブが回転式となっており、バーベルの挙上動作がスムーズなのがメリットですが、価格が高いというデメリットがあります。

 

28mmシャフトはスリーブはただのバーになっているためプレートが回転せず、バーベルの挙上にやや引っ掛かりを感じるデメリットがある反面、オリンピックシャフト・プレートに比べて約半分以下の費用で揃えることができます。

 

■おすすめバーベルセット

国内で一般的に入手できるバーベルには以下のようなメーカー製のものがあります。

 

ELEIKO

IVANKO

BULL

ONI(GLFIT)

ーーーーーー

BODY MAKER

IROTEC

WILDFIT

FightingRoad

 

「ーーー」で区切ってありますが、点線より上が会社の福利厚生施設・学校・公共ジム・大手ジムなどで一般的に使われるメーカー品で、不特定多数の人による高い使用頻度でも問題ないタイプです。

 

また、パワーリフティングの公式競技にも使用可能な規格品になります。

 

ですので、公的な場所に設置するのであれば、点線より上のメーカから選択するのが一般的な判断です。

 

なお、筆者の個人的な意見ですが、競技者の間ではELEIKOが人気が高く価格帯も最高級品とされています。また、IVANKOも古くから日本になじみのあるメーカーなので、よく知られるところです。

 

BULLは上記2メーカーに匹敵する品質ながらも、後発メーカーということもあり、あえて価格を引き下げている戦略をとっているように感じます。

 

このため、パワーリフティングなど競技専用で使用する用途ならELEIKO、公的なジムなどで非競技者の方の一般トレーニングに使用するのであれば、品質と価格のバランスを考えると圧倒的にBULLがおすすめです。

 

なお、ELEIKOとBULLのバーベルについては、下記のリンク先から入手が可能です。

 

●おすすめのBULLのバーベルセット

BULLのバーベルセットを見る

 

●おすすめのELEIKOのシャフト&プレート

ELEIKOのバーベルセットを見る

 

●IPF規格満たしながらリーズナブルなONI(GLFIT)

▼ONIシャフトを見る

ONI パワーリフティングバー オリンピックシャフト

 

ONIシャフトは、IPF(国際パワーリフティング連盟)のサイズ基準を満たしながら、リーズナブルなパワーリフティング専用バーベルです。

 

シャフト直径は29mmあるため、パワーリフティング公式大会と同じ感覚で練習することができます。

 

プレートが通るスリーブには細かい溝を入れており、容易にプレートを着脱できるようになっているだけでなく、自宅や一般ジムでの扱いやすさが考慮され、亜鉛メッキが全体に施されています。

 

▼GLFITプレートを見る

GLFIT カラーラバープレート 20kg-1.25kg

 

また、ONIシャフトと併用におすすめなのが、価格が抑えられて高品質なGLFITプレートです。競技大会でも多用されるパワーリフティング公式プレート(エレイコ)と同じカラーが採用されているので、普段の練習でも直感的に素早く重量を組むことが可能です。

 

表面には高級ラバーコーティング加工、内径もメッキ加工されており、破損や錆びが防止されています。また、5kg以上のプレートは手で持ちやすいグリップホールディングタイプが採用されています。

 

▼関連記事

ONI パワーリフティングバーは自宅トレーニーにおすすめの29mm径オリンピックシャフト

 

■実際に使用しているバーベルセットのご紹介

●筆者のジムではONIシャフト+GLFITプレートを採用

筆者の運営するジムでは、主にベンチプレス用としてONIシャフト+GLFITプレートのバーベルセットを採用しています。

 

こちらは、フルスタックでプレートを取り付けた状態で、シャフト(20kg)にプレート(1.25kg・2.50kg・5.0kg・10.0kg・15.0kg・20.0kg)およびミニプレート(0.25kg・0.5kg)をフル装着していますので、総重量は129.0kgの状態です。

 

筋トレ初心者の会員の方も、このように初めから高品質のバーベルセットでトレーニングを行ってもらっています。

 

また、ベンチプレス競技に出場している選手の方々にも、「実際の試合で使用されるバーベルにきわめて近い感覚でトレーニングができる」と好評です。

 

さらに、ローレット(グリップ部分のギザギザ)が緻密で、グリップしたときに非常にしっくりと「手の平に喰いつく」との感想も多く聞かれます。

 

なお、GLFITプレートのカラーリングは、パワーリフティング公式プレートEleiko社のパワーリフティングディスクと同じカラーですので重量が見分けが容易、視覚的・直感的に重量を間違えず組めるのも、選手の方々にとっては嬉しいポイントとのことです。

 

ジム用としてももちろん、ホームジムレベルの家庭用としても筆者のイチオシは50mm径のONIシャフト+GLFITプレートですが、28mm径シャフトも比較したい方は次の項目をご参照ください。

 

■家庭用のリーズナブルなバーベル

なお、家庭・個人用のリーズナブルなバーベルセットをお探しの方は、下記の筆者の運営する筋トレ専門サイトの普及品バーベル比較一覧をご参照ください。

 

▼普及品バーベルの比較

BODYMAKER・IROTEC・WILDFIT・Fightingroadのバーベルを見る

 

■ホームジムにおすすめの記事

【パワーラックの使い方完全版】メーカー別自宅用おすすめ比較と選び方も解説

 

【家庭用おすすめベンチプレス台セット】通販各タイプの使用感とおおよその耐荷重量

 

【ホームジムの作り方】実体験からおすすめの自宅筋トレ用ラック・バーベル・マシンを解説

 

 







筋トレについて調べる


▼人気記事▼

【筋肉の部位名称と鍛え方】
【筋トレの食事メニュー例】

■おすすめの筋トレグッズ


●押す筋トレにはリストラップを




上半身の押す筋トレにぜひとも使用したいのが手首を保護するリストラップと呼ばれる筋トレグッズです。多くの初心者は、まだ手首を保持する力が弱く、腕立て伏せなども先に手首が痛くなってしまい完遂できないケースが少なくありません。リストラップを使えば、最後まで筋肉を追い込むことができ、とても効率的に身体を鍛えていくことが可能です。

▼おすすめのリストラップ

おすすめリストラップを見る

▼リストラップとは?解説記事

【おすすめのリストラップ】初心者むけに使いやすい長さやリストストラップとの違いも解説

●引く筋トレにはパワーグリップを




上半身の引く筋トレで初心者の方に多く見られるのが「先に握力がなくなって追い込めない」というケースです。筋トレは101%で行ってはじめて成果がでます。パワーグリップを使用して引くトレーニングの効率を上げることをおすすめします。

▼おすすめのパワーグリップ

おすすめパワーグリップを見る

▼パワーグリップとは?解説記事

【おすすめのパワーグリップ】使い方の解説と男性・女性どちらにも快適なアイテム紹介

●筋トレの基本グッズはトレーニングベルト




腰を保護するだけでなく、腹圧を高め最大筋力を向上させてくれるトレーニングギアがトレーニングベルトです。筋トレにおいては、ほぼ必須のギアとも言えますので、ぜひ入手することをおすすめします。なお、トレーニングベルトはトレーニーにとって「筋トレの友」とも言える存在になってきます。はじめから安易なものを選ばずに、考えているよりもワンランク・ツーランク上のものを入手することがベルト選びの秘訣です。

▼おすすめのトレーニングベルト

おすすめのパワーベルトはこちら

▼トレーニングベルトの種類と使い方

【おすすめのトレーニングベルト】選び方・巻き方から男性筋トレ用・女性用・ベンチプレス用まで詳しく解説

10423662_402917463182138_3796918816283238787_n.jpg
執筆者情報
上岡岳
アームレスリング元日本代表
ジムトレーナー・生物学学芸員
日本アームレスリング連盟審判長

記事に記載されている内容は執筆者の運営するジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。

※当ブログの画像はWikipediaやpixabayなどのフリー画像および著作権者に許可を得た画像のみを使用しています。

※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。
BLOG内検索
   

鬼ベルトフックバックル
    13mm 超強仕様 2019IPF公認

圧倒的な体幹のサポート力!
非常に硬い本革使用で
厚さ約13mmの超強仕様!

商品についてはこちら

鬼リストラップ IPF公認

世界チャンピオンが認めた
強くて扱いやすい
リストラップです。

全てのパワーリフティング、
ベンチプレスの試合で使用可能な
リストラップです。

商品についてはこちら

BLOG内検索


BLOG

アイテムメニュー

ブランドメニュー