当ブログで解説しているウエイトトレーニングの全種目個別記事の一覧です。是非、ブックマークいただき、日々のトレーニングの参考にご活用ください。   なお、リストは筋肉の部位別および男性・女性それぞれに適切な解説をしたものとなっています。   ■大胸筋のトレーニング種目 ●男性向きの記事 腕立て伏せ 片手腕立て伏せ 膝つき腕立て伏せ 斜め腕立て伏せ 足上げ腕立て伏せ ...
武器屋.netの商品再入荷予定一覧です。   ※ご注意下さい。入荷予定一覧は確定納期ではありません。あくまでも予定です。予定は早くなる場合、遅くなる場合、どちらの可能性もあります。悪しからずご了承ください。 ※店舗(法人様)の方が納期が早いという情報がネット上で見受けられますが、完全にデマです。店舗向けに優先発送は行っていません。     2020年3月末 GLFIT パワ ...
背中のダンベルを使った鍛え方を、筋肉の部位別(広背筋・僧帽筋・脊柱起立筋)のそれぞれに、代表的な筋トレメニューを厳選して解説します。   ■背中の筋肉の構造と作用 ●広背筋の構造と作用 広背筋は上側部と中央部~下部に部位分けされます。広背筋には上や前から腕を引き寄せる作用があり、手幅が広い順手で腕を引くと広背筋上側部に、手幅が狭い逆手で腕を引くと広背筋中央部~下部に負荷がかかります。 &nbs ...
胸の筋肉・大胸筋のダンベルを使った鍛え方を、筋肉の部位別(上部・内側・下部)のそれぞれに、代表的な筋トレメニューを厳選して解説します。   ■大胸筋の構造と作用 ●上部・内側・下部から構成される 大胸筋は上部・内側・下部の三部位に分けられます。それぞれの主な作用は以下の通りです。   大胸筋上部:腕を斜め上方に押し出す 大胸筋内側:腕を前方で閉じる 大胸筋下部:腕を ...
ダンベルを使用した上腕三頭筋の鍛え方を、長頭と短頭(内側頭・外側頭)の筋肉部位別に筋トレメニューを厳選して解説します。   ■上腕三頭筋の構造と作用 上腕三頭筋は上腕の背面側に位置する上腕のなかでも最大の筋肉で、内側にある長頭と外側にある短頭(内側頭・外側頭)から構成されています。   それぞれの作用は以下の通りです。   ・上腕三頭筋長頭:肘を伸ばす・脇をしめる ...
肩の筋肉・三角筋のダンベルを使った鍛え方を、筋肉の部位別(前部・中部または側部・後部)のそれぞれに、代表的な筋トレメニューを厳選して解説します。   ■三角筋の構造と作用 ●前部・中部(側部)・後部から構成される 三角筋は、前部・中部(側部)・後部の三部位から構成され、全ての部位が協働して上腕を上方へ押し上げる作用を持ちます。   また、それぞれの部位の作用は以下のとおりです。 ...
トレーニングジムを運営し、長年の選手・指導者経験のなかで、そして筋トレをして身体を作っていく(または試合前の減量)ために、筆者および運営ジムの所属選手が使用してきたプロテイン・BCAA・クレアチンについて解説します。   また、筆者自身日本代表として、さらに所属選手のなかにも日本代表や全日本大会出場レベルの選手も複数おり、実際にドーピングチェックを受ける立場ですので、サプリメントの効果だけでなく、ア ...
筋トレで使うトレーニングベルト・リフティングベルトには、様々な種類がありますが、いずれも腹圧を高めることにより腰椎を保護する意味があるだけでなく、最大筋力を向上させる効果があるため、筋トレをするときは着用することがほぼ不可欠なトレーニング用品です。   本記事では、トレーニングベルトの種類・効果・巻き方・通販サイトで入手が可能なトレーニングベルト・リフティングベルトを、種類・タイプ別にその特徴(メリット・デメリット ...
初心者の方におすすめのリストラップと適切な長さを解説するとともに、間違われやすい筋トレグッズであるリストストラップとの違いについてもご紹介します。   ■リストラップとリストストラップの違いとは? ●リストラップは押す筋トレ・リストストラップは引く筋トレ 向かって左側のグッズがリストラップ、右側のグッズがリストストラップです。名前は混同しそうなほど似ていますが、実際の形は全く違います。もちろん、用途も適合種 ...
背中のトレーニングで、背筋よりも先に握力や前腕筋が疲れてしまって最後まで追い込めない経験はありませんか?   筋トレは101%追い込んで、はじめて成果が出ます。せっかく苦しい思いをしてトレーニングをするのならば、各セットきちんと完遂して確実に背筋を追い込みたいものですね。   そんな場合におすすめなのが、パワーグリップと呼ばれる筋トレグッズです。これさえあれば、セットの途中で握力が果て、グリッ ...
line

キーワード

オンラインストア