【おすすめパワーグリップ&リストストラップ】使い方と話題の最新アイテム紹介 – 武器屋.net BLOG

背中のトレーニングで、背筋よりも先に握力や前腕筋が疲れてしまって最後まで追い込めない経験はありませんか?

 

筋トレは101%追い込んで、はじめて成果が出ます。せっかく苦しい思いをしてトレーニングをするのならば、各セットきちんと完遂して確実に背筋を追い込みたいものですね。

 

そんな場合におすすめなのが、パワーグリップと呼ばれる筋トレグッズです。これさえあれば、セットの途中で握力が果て、グリップを維持できないということもなくなります。

 

スポンサーリンク


■パワーグリップの使い方

パワーグリップの使い方はいたって簡単です。写真のように、外から内に向かってバーベルやダンベルのシャフトに一回巻きつけるだけです。フリーウエイトのほかに各種マシンのバーにも使えます。

 

●実際に筆者のジムで使用している様子

実際に、筆者の運営するジムで備品として採用しているパワーグリップを用い、その使い方を解説します。

 

まずは、この写真のように手の平とパワーグリップでシャフトを挟むようにします。

 

くるっと一巻き、パワーグリップをシャフトに巻きつけます。

 

そして、しっかりと握りグリップを決めます。使用しているパワーグリップは巻きつける部分がゴム素材でできているので、通常の革素材のものよりも非常にくいつきがよく、指先で軽くグリッピングしておくだけでもガッチリとシャフトを保持できます。

 

なお、使用しているパワーグリップは左右で形が違うため、左右兼用タイプよりもさらにフィット感が強いタイプです。

 

また、左右を間違えないように「R」「L」がプリントされている親切設計なのも便利に感じています。

 

筆者の運営するジムでは、ベントオーバーローやデッドリフトなどの背筋系のトレーニングで重宝しています。

 

また、女性は特に握力が先に疲れてしまう傾向が強いので、背筋系のマシントレーニングなどにおすすめで、筆者のジムでもパワーグリップの愛用者は多く見られます。

 

このように、マシンのバーに一巻きするだけで、非常にしっかりとマシンバーを保持でき、女性に多い「先に握力がなくなって背中に効かせられない」という問題を解決できます。

 

■男性・女性いずれにもおすすめのパワーグリップ

普及品よりも格段に頑丈で、ハードトレーニングを行う男性はもちろん、エレガントなデザインで女性にもおすすめなパワーグリップがこちらのGLFITパワーグリップです。

 

▼おすすめのパワーグリップ

 

GLFITパワーグリップを見てみる

 

また、高重量のデッドリフトなど、さらにグリッピングのサポート力が求められるシチュエーションでは、より保持力の強いリストストラップ(リフティングストラップ)がおすすめです。

 

▼おすすめのリストストラップ

 

鬼リフティングストラップを見てみる

 

パワーグリップ・リストストラップ系の筋トレ補助グッズのなかでも、最高レベルのサポート力があり、ハイエンドなワークアウトを実現してくれると、筋トレ上級者や競技選手から高い評価を得ている、話題のオリジナルストラップがこちらのエイトストラップです。

 

実際に、筆者のジムでも入手しましたので、所属選手に試用してもらいました。

 

このように、完全に手を離してもバーベルが落下することはありません。

 

なお、こちらの動画は、実際に筆者の運営するジムの所属選手がエイトストラップを試用している動画です。ご覧ください。

 

また、さらに詳しくは、筆者の運営する筋トレ専門サイトにて、その実際の使用方法・使用感などをレポートしていますので、是非ご参照ください。

 

▼エイトストラップの試用レポートを見る

 

話題の次世代リストストラップ|鬼エイトストラップの試用レポート

 

▼話題のエイトストラップ

 

鬼エイトストラップを見てみる

 

なお、武器屋グッズの楽天・Amazonでの入手先は下記の記事でご案内しています。

 

▼武器屋グッズの楽天・Amazonでの入手先

【武器屋・鬼】レバーアクション式トレーニングパワーベルト・リストラップ・スリーブなどのご紹介

 

▼公式動画

 

スポンサーリンク

 

■おすすめの記事

▼リストラップなら

 

【おすすめのリストラップ】初心者むけに使いやすい長さやリストストラップとの違いも解説

 

【おすすめのトレーニングベルト】選び方・巻き方から男性筋トレ用・女性用・ベンチプレス用まで詳しく解説







筋トレについて調べる


■おすすめの筋トレグッズ


●押す筋トレにはリストラップを




上半身の押す筋トレにぜひとも使用したいのが手首を保護するリストラップと呼ばれる筋トレグッズです。多くの初心者は、まだ手首を保持する力が弱く、腕立て伏せなども先に手首が痛くなってしまい完遂できないケースが少なくありません。リストラップを使えば、最後まで筋肉を追い込むことができ、とても効率的に身体を鍛えていくことが可能です。

▼おすすめのリストラップ

おすすめリストラップを見る

▼リストラップとは?解説記事

【おすすめのリストラップ】初心者むけに使いやすい長さやリストストラップとの違いも解説

●引く筋トレにはパワーグリップを




上半身の引く筋トレで初心者の方に多く見られるのが「先に握力がなくなって追い込めない」というケースです。筋トレは101%で行ってはじめて成果がでます。パワーグリップを使用して引くトレーニングの効率を上げることをおすすめします。

▼おすすめのパワーグリップ

おすすめパワーグリップを見る

▼パワーグリップとは?解説記事

【おすすめのパワーグリップ】使い方の解説と男性・女性どちらにも快適なアイテム紹介

●筋トレの基本グッズはトレーニングベルト




腰を保護するだけでなく、腹圧を高め最大筋力を向上させてくれるトレーニングギアがトレーニングベルトです。筋トレにおいては、ほぼ必須のギアとも言えますので、ぜひ入手することをおすすめします。なお、トレーニングベルトはトレーニーにとって「筋トレの友」とも言える存在になってきます。はじめから安易なものを選ばずに、考えているよりもワンランク・ツーランク上のものを入手することがベルト選びの秘訣です。

▼おすすめのトレーニングベルト

おすすめのパワーベルトはこちら

▼トレーニングベルトの種類と使い方

【おすすめのトレーニングベルト】選び方・巻き方から男性筋トレ用・女性用・ベンチプレス用まで詳しく解説

10423662_402917463182138_3796918816283238787_n.jpg
執筆者情報
上岡岳
アームレスリング元日本代表
ジムトレーナー・生物学学芸員
日本アームレスリング連盟審判長

記事に記載されている内容は執筆者の運営するジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。

※当ブログの画像はWikipediaやpixabayなどのフリー画像および著作権者に許可を得た画像のみを使用しています。

※当サイトの表現するバルクアップとは筋肥大、バストアップとは胸の土台となる大胸筋のバルクアップ、ダイエットとは健康的な体脂肪率の減少、引き締めとは食事管理と合わせた総合的なダイエットを指します。
BLOG内検索
   

鬼ベルトフックバックル
    13mm 超強仕様 2019IPF公認

圧倒的な体幹のサポート力!
非常に硬い本革使用で
厚さ約13mmの超強仕様!

商品についてはこちら

鬼リストラップ IPF公認

世界チャンピオンが認めた
強くて扱いやすい
リストラップです。

全てのパワーリフティング、
ベンチプレスの試合で使用可能な
リストラップです。

商品についてはこちら

BLOG内検索


BLOG

アイテムメニュー

ブランドメニュー